2005年05月20日

「いらっしゃいませ」の価格

レンタルビデオ店にて、ここ最近入会された方からこう言われました。

「にぃちゃん。なんか演劇でもやってるのか?」

演劇はやっていませんがどうかしましたか、と訪ねると、僕の「いらっしゃいませ 」の声が大きく毎回ビックリされているそうです。

僕は演劇はやっていませんが、バンドをやっていた頃ボーカルだった経験はあります。
そのお話はお客様にはしませんでしたが、ご迷惑だったかと不安混じりに

「声が大きすぎですか?」

と聞くと、



「いや、ハキハキしてていい」

と、言って頂けました。

お客様がおっしゃるには、ここ最近コンビニや飲み屋に行くと

いらっしゃいませ。こんばんは

と続けて言われるが、目を見ないで言われる「いらっしゃいませ 」と「こんばんは 」は決まり文句をただ言われているだけのようで気持ちが悪いそうです。

言われてみれば僕にも思い当たる節があるので、なるほどなぁと考えさせられました。

確かに「こんばんは 」と「いらっしゃいませ 」では「こんばんは 」の方がコミュニケーションが取りやすい挨拶だとは思います。
コミュニケーションが取りやすい分、【誰】に言ってるかをハッキリとさせないと(お客様の顔を見ながら言う等)かえって気になさる方がいたり、気持ち悪く感じられる様ですね。

例えば僕なら、「こんばんは 」と言われたら「こんばんは 」と挨拶したいです。
それが、僕の顔を見ないで言われてしまうと、挨拶はしたいけど対象が無い、と感じてしまいます。結果、微妙な気持ち悪さに襲われてしまうのだと、今自己分析しました。

今や各店舗で当たり前のように言われる挨拶ですが、なるほど奥が深いと思わされた出来事でした。

お客様が帰りがけに僕の「いらっしゃいませ 」ならお金を払ってもいいと冗談交じりに仰ってくれましたので、僕もつられて「おいくらぐらいですか?」と聞いてみたら、

「ん〜500円くらいかな」

と、値を付けて下さいました。
500円って大金なんですけど(笑)
ちょっとお酒が入られていた様なので出来たお話かもしれませんが、貴重な体験でした。

今こうやって日記を書きながら不安に思うことは、やはり、「商売って面白っ 」や「ショップンロール 」にお越しのお客様のお顔が拝見できない事です。

徐々に増えているご来店のお客様のお役に立てているのか、直接お聞きしたいことも沢山あります。
優良コンテンツの増加が、結局は一番早くお役に立てる要因とは思いますので、ご来店のお客様には出来る限りそちらで応えたいと思っています。

そして今日も
いらっしゃいませ


何気ない一言から学べる事も沢山あります。もっともっと前進して行きたいですね。人気blog(ブログ)ランキングもじっくり前進して行きますよ〜



人気blog(ブログ)ランキングへ
有名ブログ☆ランキングへ
この記事へのコメント
何を隠そう、曹長も接客をしていて言われた事があります。

「オーラ」が違うと。

CROWさんや、そのお客様の言うように、挨拶は聞こえれば良いというものではないと。
言うだけならどこの誰でもできる。
コンビニの店員の例えがすごく的確ですね。
そこに、感謝などの感情がこもっていなければ絶対に相手には伝わらないと想います。

接客のウンヌンを語れる程スペシャリストではありませんが、相手に「伝えよう」と想えば、自然と身体が動くものですよね。

Posted by 曹長 at 2005年05月21日 00:23
こんばんは曹長さん。

「オーラ」
大事ですよね。僕も自分が接客のスペシャリストとは思えませんが、お客様に気持ちが伝わった瞬間だと思って感動しました。

今後もこの気持ちを忘れずに何事にも当たっていきたいです。
Posted by crow at 2005年05月21日 01:03
crowさん、遅くなりましたが遊びにきました〜^^
DTPオペレータは接客とは全然関係ないように見られがちですが、実はライバル沢山いるせいで、接客もかなり重要だったりします。そういう意味で参考になりました♪
それから、こちらも勝手にリンク貼らせてもらいました〜^^;


Posted by DTPぐーたら at 2005年06月15日 09:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。